2017年9月吉日

 

「飲酒によって生じる色素沈着症の研究」に参加いただいた皆様

 

研究代表者

佐賀大学医学部社会医学講座

松本 明子

0952-34-2289

matsumoa@cc.saga-u.ac.jp

 

学会発表のご報告

 

 先日は「飲酒によって生じる色素沈着症の研究」にご協力いただき、誠にありがとうございました。2015年12月から2017年2月の間に371名の皆さまにご参加いただくことができました。

 仮説のとおり、飲酒によってメラニン、もしくはメラニン様物質が皮膚に沈着することが示唆されました。この現象はALDH2遺伝子が2本とも1型である人では弱く、2型遺伝子を持つ人(お酒を飲むと顔が赤くなる体質の人)の皮膚により強く観察されました。

 研究成果を2017年8月に米国コロラド州で開催された国際学会The International Pigment Cell Conference (IPCC) 2017と、2017年9月に開催されたアルコール・薬物依存関連学会合同学術総会で発表いたしました(今回は女性の飲酒量が少なかったため、男性の結果のみ発表いたしました)。

 今後は論文のまとめ、国際雑誌への掲載を目指してまいります。

 重ねまして、このたびは当研究へのご協力を賜りまして、大変ありがとうございました。今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

2017/9/8-9 

 

平成29年度アルコール・薬物依存関連学会合同学術総会

「飲酒により誘導される皮膚色素沈着の研究」

 

松本明子(1)、原俊哉(2)、島ノ江千里(1)、吉森智香子(2)、武藤岳夫(2)、遠藤光一(2)、原めぐみ(1)、市場正良(1)、杠岳文(2)

(1)佐賀大学 医学部 社会医学講座 (2) 肥前精神医療センター

 

 アルデヒド脱水素酵素2(ALDH2)は、飲酒によって生じるアセトアルデヒドの解毒酵素であり、東アジアでは欠損型遺伝子多型(ALDH2*2)の保有者が約半数と高率である。発表者らは本多型のモデル動物であるAldh2ノックアウトマウスの尾や足の裏などの皮膚に、飲酒誘導性のメラノーシスが生じることを見出し、この現象がヒトでも同様に観察されるか検討を行った。

 2015年と2016年度の冬季(12月~2月)、アルコール依存症者87名を含む20~72歳(平均47歳)の男性190名を対象に、ALDH2遺伝子型判定を行い、分光測色計で額部と手掌部の皮膚メラニン指数(MI)を計測した。さらに年齢・直近6か月の平均飲酒量(0, ≤20, >20 g/day)・直近3年の喫煙の有無・日光曝露(0-27点)の調査を行った。

 ALDH2*2保有者は55名(飲酒者48名)、ALDH2*1*1保有者は135名(飲酒者122名)であった。全項目(調査年・喫煙の有無・日光曝露スコア・手掌部MI)を補正した重回帰分析の結果、ALDH2*2保有者において飲酒量と額部MIに関連が見られ(b = 0.07、p trend = 0.006)、ALDH2*1*1保有者では関連が見られなかった(b = -0.02、p = 0.224)。また、アウトカムを額部MI/手掌部MI比として検討を行ったところ、同様にALDH2*2保有者で有意な関連が見いだされ(b = 0.22、p trend < 0.001)、ALDH2*1*1保有者では関連が見られなかった。

 ALDH2*2保有者では飲酒誘導性のメラノーシスが額部皮膚に出現しうることが示唆された。また、ALDH2*2保有者では額部MI/手掌部MIが過量飲酒の指標となりうることが示された。

2017/8/26-30

The International Pigment Cell Conference (IPCC) 2017

 

A novel phenotype of ALDH2 polymorphism: drinking-induced skin pigmentation

 

Akiko Matsumoto (1), Toshiya Hara (2), Chisato Shimanoe (1), Takefumi Yuzuriha (2), Chikako Yoshimori (2), Takeo Muto (2), Kouichi Endo (2), Megumi Hara (1), Masayoshi Ichiba (1), Takeo Konakahara (3), Ichiro Yajima (4), Vasilis Vasiliou (5), Byoung-Joon Song (6), Mayumi Fujita (7)

 

(1) Department of Social Medicine, Saga University School of Medicine

(2) National Hospital Organization, Hizen Psychiatric Center 

(3) Department of Pure and Applied Chemistry, Faculty of Science & Technology, Tokyo University of Science (RIKADAI)

(4) Department of Occupational and Environmental Health, Nagoya University Graduate School of Medicine

(5) Department of Environmental Health Sciences, Yale School of Public Health

(6) Laboratory of Membrane Biochemistry and Biophysics, National Institute on Alcohol Abuse and Alcoholism, National Institutes of Health

(7) Department of Dermatology, University of Colorado Anschutz Medical Campus

 

A genetic polymorphism of aldehyde dehydrogenase 2 (ALDH2), ALDH2*2, is observed in half of the East Asian population, and impairs acetaldehyde metabolism after alcohol intake. Here, we report an unexpected phenotype of this polymorphism—ethanol-induced skin melanosis—in a mouse model and human subjects. Ten-week-old Aldh2-knockout mice were fed a standard hard diet and ethanol solution (3–20%; forced and sustained administration). Aldh2-knockout mice did not show obvious melanosis in the internal organs, including the esophagus, after 50-week ethanol administration. However, dose-dependent skin pigmentation occurred in certain parts of the skin, including the paws and tails (n = 111, fed until natural death, p < 0.001). The pigmentation faded upon discontinuation of ethanol drinking. No such phenotype was observed in wild-type mice (n = 68, p = 0.08–0.95; interaction p < 0.001). The pigmentation was mainly localized in the epidermis and partially in the dermis, staining positive for the Fontana–Masson stain and melanin-bleaching, and negative for Berlin blue. Melan A-positive melanocytes were observed in the hair follicles of the paws and tails in both Aldh2-knockout and wild-type mice. For human subjects, the skin color of 91 Japanese adults (26 women), aged 49 ± 11 (mean ± SD) years, was analyzed spectrophotometrically between December 2015 and February 2016. Alcohol consumption, Brinkman index, and sun exposure score (0–27) were collected via questionnaires. The results showed supportive correlations with mouse data by multiple regression analysis. Carriers of the ALDH2*2 (n = 29) showed drinking-induced pigmentation in their forehead skin (p = 0.01), but no significant pigmentation was observed in other parts of the skin, e.g., upper extremities or abdomen, or in non-carriers (n = 62; p = 0.23; interaction p = 0.01). Thus, a novel phenotype of ALDH2*2, i.e., ethanol-induced, reversible melanosis of the forehead skin of ALDH2*2 carriers, was identified.